惑星からの逃走線

読書記録や研究上で思いついたこと、日々の雑感など。

無題

 刹那なる人間の生

 悠遠たるその連鎖

 ときに問う,「我ら何処より来たりて,何処に行くや」

 ただ,深淵の裡に虚しく木霊し,減衰す

 而して深淵は我を魅了せり

 奈落に投身すれば,我もまた既にその一部