惑星からの逃走線

読書記録や研究上で思いついたこと、日々の雑感など。

突然に

今日は体調が優れず,午前しか学校に行っていない。 なぜか放置していたこのblogを突然再開したくなって,今これを書いているというわけだ。 最近,映画を観たくてしょうがない,そんな時間はないのだけれど。 仕方がないのでyoutubeでそれらの予告編などを…

『知恵』

のっけから私事ではあるが,私の両親は二人とも高卒で,明らかに東大卒・現大学院生の私より,学歴としては下である。また,彼らは宣言的な(明示的に言葉で示せるような)知識の量においても,私に遠く及ばないであろう。つまり,一般的な観方をすれば,まず…

世界の粒度について

いきなり大上段に構えた話で恐縮だが,近代科学は基本的には――無論,例外は多々ありそれは最近になって増加傾向にあるように見えるが――要素還元主義的であった。世界を十分に分割し,分割された範疇内での事象を可能な限り徹底的に観察し,考察し,実験を行…

今週読んだ論文20151220

今週も大して読めていないし分野もてんでんばらばらなので,もう少し量を増やした上で戦略的にどのディシプリンの論文を読むかを決めないといけないだろうと思った。今回は日本語の論文ばかりである。 向山恭一. "マルチチュードとわれらの時代の革命." (200…

Agent-based Simulation と Actor Network Theory について

ANT(Actor Network Theory)については,結構前からその存在自体は知っていて,またABS(Agent-based Simulation)との接合,みたいな考え自体もあったが,あまり考えが纏まらなかったので特にBlogには書かないでいた。いまだ確固たる意見を持つには至っていな…

今週読んだ論文20151213

今度から,自分の読んだ論文を日曜日にSNS上へ報告することにした。では早速。 舛本現. "ラムダゲーム: メタゲームへのアプローチ (数学解析の理論的展開の計算機による支援・遂行可能性)." (2004).ラムダ計算+GA,で「ゲームのルールそのものが進化するゲー…

『歴史』とは現在を説明するための,過去に関する仮説である

我々はいかにして過去を認識しているのか。 というのも,過日に集合的記憶論についてちょっとした発表をしたのだが,少しだけ『歴史』とは「事実生起した事物」という意味か,それとも我々の間主観あるいは主観としての過去に対する表象か,という論点が提出…

『今,ここ』ではない時空。

最近,あまりものを考えていない。 毎日がだいたいルーチン化してきていて,たぶん簡素なシミュレーション内のエージェントになったらこういう感じなんだろうなあ,という気がする。 下手をすれば,私の生活に関するあらゆる変数を綺麗にフーリエ変換できる…

私が善く生きるには,私は自らの死す日を知るべきではない

昨日,ちょっとした勉強会のあとに友人らと駄弁っていたが,そこで(有限手番の)経済実験では最終ターンで一挙に協力率が下がってしまう,またそれはゲーム理論的に有限手番のゲームでは後ろ向き帰納法を使って考えることでも,ある程度は納得できる,などと…

人間の条件と,死者を想起すること。

最近,5年前に亡くなった母方の祖父を思い出すことが多い。 理由ははっきりしていて,同じような別れを母方の祖母とする日が,そう遠くない――もちろん,明日か10年後かは分かる由もないが――だろうという,漠たる予感があるのだ。 人間にとって,やはり死は受…

ハンセン病―排除・差別・隔離の歴史 作者: 沖浦和光,徳永進 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2001/11/15 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログ (3件) を見る 私は電車の中で,図書館から借りたハンセン病の隔離の歴史についての本を読ん…

記憶の『読み方について』

『既在性』という,ハイデッガーの用語を知った。「記憶とは過去の事象を表すものであり,既に存在しないが記憶の想起は現在に属する事象である」ことを指し示すものであるらしい。 一般に記憶は,過去の事象の痕跡と,それの読み方から構成される,と思う。…

頭の中の真珠

自分自身がものすごく辛かった時期のことを懐かしさをもって回想していることに気づいた。 アコヤ貝は自身に侵入した異物から身を守るために異物を真珠に変えてしまうが,人間の精神も不快な記憶を『想い出』という形に変えてしまうのかもしれない,そういう…

自分がクズだと思うのをやめた

といっても,突然実際にクズでなくなるわけにもならず。 とはいえ,これは小さいながらも重要な気がする。直観だが。

神の視点と人間という存在者

西川アサキ氏という,かなり恐るべき著者がいる。 魂のレイヤー―社会システムから心身問題へ 作者: 西川アサキ 出版社/メーカー: 青土社 発売日: 2014/05/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 魂と体、脳 計算機とドゥルーズで考える心身…

社会科学者の人文学に対する観方

どうも,学問として探究対象が被っているという事実にも起因するのだろうか,社会科学者の人文学に対する意識って少し歪な部分があるような気がする。具体的には, 社会科学の方が,数理的厳密性において優れているとして社会科学の優位を信じている社会科学…

大事な大事な(天空への)アタックチャ〜ンス

ふと思ったが,もしも今最も人口増加が甚だしいアフリカや南アジアといった地域でも人口ボーナスが人口オーナスに転じたら,どうなるであろうか。 資源の消費はある程度抑制されるだろうから「環境には優しい」のかもしれないが,要は地球全体が今の日本とか…

頭の良い人・理想を持てている人

頭がすごく良い(良すぎる)がゆえに,夢というか有り体な言い方をすれば誇大妄想のようなイマージュを持てない人がいるな,という印象がある。言うならば,頭がよくかつ現実的な判断がとても上手いがために,理想とか思想のようなものが持てない,と言うこと…

「人類を滅ぼそう」は解決策だろうか?(たとえ,それが冗談であったとしても)

よく,twitter等で社会的な問題や価値観同士の摩擦などが問題になったとき,ツイッタラーたちが冗談半分に「人間がいるから全ての問題が起きる。じゃあ,人類を滅ぼせば全て解決ではないか!」などと言い合っていたりする。 これは一見した限り,論理として…

大衆を「自然」と看做す為政者の発想と社会シミュレーション

為政者は,多分に大衆(もっと有り体にいえば被治者)を一種の『自然現象』として看做す思考乃至発想が,あるように思われる。丸山眞男によれば江戸期武士階級などは如実にそうであったという。 さて,具体的に被治者を自然と看做す発想は,どういったものか。…

バナバ人という民

ci.nii.ac.jp こういう論文を偶然見つけた。 バナバ,という島が,現キリバス共和国にある。そこは良質の燐鉱石を産出したことから,悲劇が始まった。以下は,主に当該の論文を参考にした,私なりの解釈も含んだバナバとその民の歴史だ。 もともとこの島に住…

安保法案関連の議論についての所感

いい加減,玉虫色的・日和見的態度をとり続け沈黙するのも良くないだろうということで,自分なりの考えを書いてみる。 といっても,実は「安保に賛成か/反対か」という二分法に答えるものではないので,相変わらず玉虫色なのは間違いない。しかし,個人的に…

もし世界が百人の村だったら,百人のうち百人が犯罪を犯しています。

たぶん,小数点以下を四捨五入すれば掲題の通りになると思う(ちゃんと統計とったわけではなく,私の直感だけど) こんにち,「他民族に対し犯罪(戦争犯罪・虐殺・民族浄化など)を働いたことがない民族」などというのはごく一部の狩猟採集民ぐらいのものであろ…

自分の頭の中に「他人エミュレータ」を入れておく?

他者の人格をエミュレートする,ということについて,蛇足ながらもう少々述べたい。 kaito-y.hatenadiary.com この「他者の人格をエミュレートする」という行為には,いくつかのタプルがあるように思える。 相手の価値観または世界観(世界を優先度に基づき序…

「成熟した人格」とは

こういうウェブページがあった。 自己実現、人間的成長・成熟1〜オルポートの成熟した人格の特徴|オリンピック選手、メジャーリーガーが学んだ メンタルコーチ 立命館大学大学院教授 高橋慶治のブログ 列挙されていた「成熟した人格」の特徴は,以下の通り…

無題

刹那なる人間の生 悠遠たるその連鎖 ときに問う,「我ら何処より来たりて,何処に行くや」 ただ,深淵の裡に虚しく木霊し,減衰す 而して深淵は我を魅了せり 奈落に投身すれば,我もまた既にその一部

「虚学」という虚像

実学でない,と批判されがちな学問にはひとつ共通点がある。 それはその価値をある種のトートロジーに求めている点である。 具体的には,西洋古典学が「西洋古典学を学ぶと古代人の馥郁たる精神の香りに触れることができる,ゆえに西洋古典学は有益である」…

『真面目系クズ』に足りないのは物語では?

私は自他ともに認めるクズである。締切を守らなかったり,敵前逃亡したり,やるべきことを後回しにしたり,まあ意志はあっても体が追いついてこないと言おうか。とにかく,自分でも「使えねーヤツ」だと思う。人によっては『真面目系クズ』という有難い称号…

「今を生きろ」への反問

のっけから私事だが,私は自身の生家が火災で失われるという災禍に見舞われたことがある。この時,多くのアルバムやフィルム,思い出の品も同時に消えた。今思っても,胸裡に痛みが走る。 あの,いかにも戦後といった風体の家はもうない。小さいが木々が繁茂…

史実vs史観:あるいは『無限ループ』から脱出して明日を迎えるには

丸山眞男がアツい(俺の中で) なぜアツいかというと,彼の『史観』のようなもの(私の読んだ限りでは,直接にそういった言葉を丸山は使っていないが)が,私にとって新鮮かつ自分の中の模糊としたものを明晰的に言語化してくれていたからだと思う。 彼の日本政…

発見的なアートと解決的なテクノロジーと記述的なサイエンス

『知』の在り方には,掲題の三つがあるような気がする。 アートは,多分に『問題発見的』だ。アーティストは,作品を通じて様々な「問題」を提起する。 それは,かなりの場合において今まで問題と看做されていなかったものを含む。あるいは,問題に限らず,…

読書戦略

一生のうちに全ての知識を手に入れることはできないのを理解しよう。 pic.twitter.com/5PZXER4CGM — 研究しろbot (@kenkyu_shiro) 2015, 9月 9 上記の例は, 流石に比較対象が極端ではあるが, その分極端化で事態の本質を点いている。 これを見ればわかるよう…

読みたい本

オートポイエーシス・システムとしての法 (ボイエーシス叢書) 作者: グンタートイブナー,Gunther Teubner,士方透,野崎和義 出版社/メーカー: 未来社 発売日: 1994/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 日本の統治構造―官僚内閣制から議院…

優先順位を付けられない人≒世界観が一定しない人

「優先順位を付けられない人≒世界観が一定しない人」という仮説。 私自身,優先順位付けが下手なことに関して人後に落ちないと自負する身だが,要は私のような手合は,その価値判断基準が明確化されていないわけである。価値判断基準が明確でないということ…

「専制2.0」?

さて,周知のとおり『ジャスミン革命』でFacebookなどのソーシャルメディア,あるいはソーシャルネットワークサービス(以下,両者をまとめて便宜的に"SNS"と呼ぶ)が重要な役割を果たしたと言われている。詳述するまでもないが,一定段階以降の経過を措けば,…

時間の使い方が下手

愚痴などを書いてみる。 そもそも,時間の使い方が少々酷すぎはしまいか。 一日の1/3以上を寝て過ごしているのは,まあ生理現象だから仕方ないにせよ,作業と作業のインターバルが長すぎるし,だいたい本当に意味のある作業をしているかも怪しい。 もう少し…

『本質的なアナロジー』と『表面的なメタファー』;あるいは,なんで予測できないモデルを作るのか。

社会をシミュレートして理解しようという発想は,言うまでもなく「アナロジー」という思考の一形式に基づいたものである。例をとって説明すれば,ロトカ=ヴォルテラ方程式で,x, y は各々捕食-被食関係にある生物種のポピュレーションを表示したものだが,無…

丸山眞男vs数理モデル化:あるいは凡人が概念を操作する可能性について

バーバルな研究で,かつ「論理を追いやすい」著者というのは貴重だ。そして丸山眞男はそうである。 彼自身の,相当に複雑かつ慎重で,そして膨大な思惟は一見して近寄りたくあるが,しかし実際には「論理を追う」こと自体はこの選集『丸山眞男セレクション』…

UNESCOの "General History of Africa" はスゴい

というわけで、たぶん日本でどれだけ需要があるかわからないような情報を、気まぐれに上げてみよう。 今回紹介するのは掲題の通り、ユネスコが出版している『アフリカの歴史』の英語版である。驚くべきことに、多少古いとはいえかなりの水準のアフリカ史総説…

Haskell に手を染める;社会シミュレーション関連の視点から雑感

文系とも理系ともつかぬ中途半端な分際で、あろうことか haskell に手を出してしまった。 で、haskell の(入門の)*1023+入門をした身として、多少気になった点をいくつか。個人的には社会シミュレーション関連とも絡めて書きたい。 ・副作用と参照透過性 副…

図書館で借りた本

岩波講座 物理の世界 物理と情報〈1〉 スピングラスと連想記憶 作者: 西森秀稔 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2003/01/29 メディア: 単行本 クリック: 5回 この商品を含むブログ (5件) を見る 宇宙船地球号操縦マニュアル (ちくま学芸文庫) 作者: バッ…

社会起業家的意識高い系の功罪

意識高い系のことを、必ずしも全面的に嫌っているわけではないが、ここでは彼らの『功罪』について考えようと思う。特に、「社会起業家」といったふうに呼ばれる人たちに焦点を当てたい。私自身は全くそういう人ではなく、単なる外野だが、ある程度はそうい…

今、勉強したいこと

政治思想史 公共哲学 組織論(経営学) 位相と集合 英語・フランス語 アレクサンドル・コジェーヴの著作を読む マクロ経済

世界が狭っ苦しい

と、最近感じる。 狭くなったのは私の認知フレームなのやもしれぬが。 たぶん、一番大きな原因は以前の私は新しい知識を得ることでワクワクできたのに、今ではそれが難しくなっていること。 TwitterとかFacebookとか、始めたての頃は本当にワクワクしたよう…

いろいろと書く

最近、自身の身の振り方とか、自分が何をしたいかについて、考えることが多い。中学生か。 ただ、私としては真面目に考えているつもりだ。 とりあえず、結論として私は研究者・学者には向いていないと思う。 体系化された知識、それは専門分野といってもいい…

コンテクスト依存な知識とコンテクスト・フリーな知識

科学は、再現性を持つため(それは科学の定義のひとつだ)に、万人にとって役立ちうる知識だ(この「役立つ」という言葉は曲者だが、その定義に関する神学論争は措いておこう) 科学には再現性がある。どんな人でも、その基礎的な能力さえあれば、同じコードを書…

徒然

とある発表で使うPreziを作成した。 ご興味のある方は是非ご覧ください。 https://prezi.com/z8wdnscyqlwe/presentation/#

人の「個としての弱さ」「集団としての弱さ」そして縁

とある友人のFacebookポストを見て、思ったことをつらつらと。 以前、私なりの思索として『弱さ論』というものを書いた。 ルール・価値判断基準、強者弱者、そして逸脱と可能性 - 世界模型kaito-y.hatenadiary.com 『弱いこと』の定義について - 世界模型kai…

Agent-based Social Simulation が持つ「超越者の視点」?

最近、朧に思うこととして「ABSSが持つ『超越者の視点』」と仮に呼んでいるものがある。 Agent-based social simulation - Wikipedia, the free encyclopedia 要は、社会シミュレーションというものは当然というか社会の全てを再現することは不可能だしあま…

課題点

社会や人間を自分の目で見ていないところ。できるだけ、実地に即して考えたり、見聞を広めたりする。とりあえず、自分の家族や街ゆく人の参与観察を始めた。 Actor Network Theory と社会シミュレーション特に Agent-based modeling との関連についてそのう…